「ぼくのおみせ」ができるまで 忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[12/05 ニョスキ店主]
[12/05 ニョスキ店主]
[11/05 NONAME]
[11/03 乙さん]
[05/25 ニョスキ店主]
最新TB
(04/07)
プロフィール
HN:
ニョスキ店主
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
アクセス解析
エル ニョスキ店主の スペイン バルセロナでの料理修行体験記。 といっても、 料理のお話だけではありません! 時間があるときに少しずつアップさせてもらいます♪ ※当ブログの無断転載はしないでくださいね!! でもまぁ転載するほどの大作でもありませんけど(笑)
[42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32]
2017/12/18 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/03/05 (Fri)


翌日。
エクトールは仕事が休みで俺をジローナまで車で送ってくれたのですが。

 

いつも通り危ない運転で、

バルセロナを出るときにはガソリンメーターに赤ランプが点いていたのはもう言うまでもありません。

 


その赤ランプのまぶしいことまぶしいこと(笑)


 

しかも、道中はいつものように熟睡寸前の居眠り運転です。

いや、

あれは確実に熟睡です。

 

 

ですが、今回も幸運に何事も無くジローナに着きます。

ホントにヒヤヒヤしますよ。

 

 

すると、彼は別れ際に

 

「たまにこっちに顔出すからさ!」

 

と、なぜか寂しそうな顔をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋人同士じゃないし頼むからそういうのはやめてくれ(笑)

 


「うん、またバルセロナに行くし、新しい店の話が分かったら教えてよ!」

 

そう言って彼と別れました。

 

その日はそれから、同居人のジャウマにジローナの市内を案内してもらい、バルへ寄って彼とお茶をしながら同居人の話を聞いたりしていました。

 

 

 

 

 

「しかし本当に、知り合いの「し」の字もいない所に来ちゃったなぁ・・・」

 

 

初めて来た町を眺めながら、しみじみと実感していました。

いくらアグラエの弟を間接的に知っているとはいえ、彼には一度しか会った事はないし、この町には日本人なんて全く居そうにありません。

 

さらにここは、当然ながら日本語が話せる環境ではありませんでした。

もちろん、こういう環境の方が俺は大好きですね。

 

自分を追い込むの、結構好きです(笑)

 

さて。

相変わらず町を歩いていれば、周りの視線が気になります。

別にどうでもいい話ですし、そういうものは気にしない方ですが、

そんな俺でも気になるくらいの視線でしたからね。

 

「こんなところで東洋人が何をしてるの?」

という顔をしている視線というのが分かるので、余計に気になるんですよ。

 

バルセロナと比べると、ここは外国人労働者の割合も相当少ないです。

なんとこの町にはほとんど外国人がいません。居るとすれば、モロッコ人ぐらい。

 

正直、ここまで区別されるような目で見られると、

いくら俺が前向きな性格でも、へこみます。

 

とにかく、今までに無かった感覚です。

 

 

 

翌々日から、ジョアン・ピケのレストラン「Cal Ros(カル ロス)」へ行きます。

 

通常、学生ビザを持っていれば、当時はアルバイト的な感じで14時間ほど働けたと記憶していますが、

俺はそんなことも気にせず朝から晩までずっと厨房の中ですよ(笑)

 

さてさて。

俺は更衣室に案内され、自前の安いコックコートに着替えます。

更衣室といっても、古い建物の二階部分が「着替える場所」になっていて、そこで着替えます。

 

ちなみにこのビルは相当古いらしく、上には住人が一人も居なく、

というか住めないくらいに古い建物で、今にも壊れそうな、そんな建物です。

 

あまりにも危険なので、「ここから上の階には行くな」と言われていました。

階段には手すりすら付いていません。

 

 

 

 

まったくどんだけオンボロなんだよこの建物(笑)

 

 

俺は着替えを済ませ、誰一人として知り合いが居ない厨房に入ります。

 

すると、

かなり細長いこのレストランの厨房の中には、ここでシェフを任されているチャビを初め、十人ぐらいのコックが忙しそうに仕込みをしていました。

 

 

包丁をシャープナーで砥ぐ音

 

まな板の上で野菜を切る音

 

フライパンの上で肉が焼ける音

 

皿と皿が当たって出る音

 

大きな冷蔵庫の扉が閉まる音

 

蛇口から水が出る音

 

洗浄機の音

 

とにかく、何もかも全てが新鮮に聞こえました。

 

 

 

 

 

「すげぇ! いつかこんな環境で働いてみたかったんだよ!!!」

 

 

 

今までずっと夢に見てきた光景が、俺のすぐ目の前に。

 

 

なんだか大げさかもしれませんが、今までずっと「こんな環境で働いてみたい!」と夢見た俺にとっては、あまりにも新鮮でこの上ない環境でした。

 



本当に「ドンピシャリ」とはこのことで、


あの日の興奮は今でもはっきりと覚えています。

 




あの新鮮さといったら、一生忘れられません!
 

 

 ★★★つづく★★★

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
横浜・伊勢佐木町のスペインバル、「エル ニョスキ」。
ブイヤベースがおいしいという噂を聞いて、行ってきました。 噂通り、おいしかった{/m_0160/} {/round_b/}サラミ{/round_b/} お店が混んでいて「お料理に時間が掛かってしまうんで、待ってる間つまんでください」と、 サービスでいただいたサラミ。 これがすっごくおいしいサラミで、びっくりしちゃった。 普段食べてるサラミと違って、生っぽいところがおいしんだな。 {/round_o/}スペインのスクランブルエッグ{/round_o/} じゃがいもと生ハムとフライドエッグ入り。 「...
URL 2010/04/07(Wed)08:48:51
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]